HOME > 診療内容

診療案内

予防関係

フィラリア予防 予防期間5〜12月 月一度の投薬
フィラリア症は、蚊に刺されることで犬糸条虫と言う寄生虫に感染して起こります。
感染後に放置しておくと、心臓や肺の血管が詰まって命にかかわったり、慢性化すると咳が出たりお腹に水が溜まるなどの症状が出ます。 1ヶ月に1度、フィラリア予防薬を投薬するだけで、ほぼ100%予防することができます。なお近年、ネコちゃんもフィラリア症にかかることがあると分かりました。
命を落とすことにならないよう、ワンチャンもネコちゃんもしっかりと投薬を受けましょう。予防シーズンの始め(4?5月ごろ)には血液検査による確認が必要となります。

ノミ・マダニ予防 予防期間3〜11月
寄生すると、痒みや皮膚炎などの直接的な病害のほか、貧血やウイルス・寄生虫による感染症にかかることもあります。
またワンチャン、ネコちゃんに寄生したノミ・マダニが人の血を吸うこともあります。近年ではマダニに人が吸血されることで起こる感染症も報告されており、亡くなる方もいます。
スポットタイプや食べるタイプ、フィラリアノミ、マダニすべてに効く薬も人気です。

予防接種 1年に一度
大切なワンチャン、ネコちゃんを病気から守るためにワクチン接種をしましょう。
ワンチャンは6種混合ワクチン
ネコちゃんは3種混合ワクチン
がおすすめです。
※接種するワクチンは生活環境によって異なります。
※ワクチンアレルギーが起こりやすい子には、抗体価検査を行います

狂犬病予防接種 1年に一度 4〜6月
狂犬病の予防接種は、国の法律によって義務づけられています。

避妊・去勢手術 時期6か月〜1年
望まれない出産を防ぐのはもちろん、様々な病気を防ぐためにも行いましょう。早期の避妊・去勢手術によって、将来の乳腺腫瘍の発生率を低下させたり、男の子特有、女の子特有の病気を防ぐことができます。
また、男の子は早期に行うことで、マウンティングやマーキングなどの問題行動を減らす効果も期待できます。
手術時期に関しては、状況により変わりますので、ご相談ください。

健康診断 (ペットドッグ)
病気の早期発見と早期治療を行うために行うのがペットドッグです。
当院では、動物の年齢やお体の状態の応じて内容をご相談させていただきます。


▲ページトップに戻る